人・街・くらし 明日のコーディネーター/株式会社 村田工務所
      (土木・建築・一級建築士事務所)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


安全への取り組み

安全方針

anzenhousin.png

安全スローガン

anzen_taikai.jpg毎年「安全衛生推進大会」を設定し、安全方針を確認するとともに、社員全員が安全への意識を新たにします。



anzen_2017.png安全スローガンを掲げて、意識の高揚と安全への取り組みを徹底しています。
スローガンは安全衛生計画・重点事項と併せて、全社員参加の応募作品の中より、最優秀賞 1編を安全衛生委員会の審議・選考を経て最終決定されます。


安全表彰

厚生労働省労働基準局長表彰受賞

syojo_nanokamati.pngsyojo_nanokamati.png表彰状厚生労働省では一定規模以上の建築工事、土木工事などを対象に、無災害で工事を終えた現場を表彰しているが、この度、2014年12月に竣工した災害公営住宅「古川七日町住宅」の建設工事を無事故で完工したとして、弊社が厚生労働省労働基準局長からの建設事業無災害表彰を受けました。
(延労働者数10,121人、延77,964時間の無災害工事)
2015年2月9日に厚生労働省労働基準局長からの伝達式として古川労働基準監督署長から、受賞現場を担当した弊社建築工事部・今野亮一課長に表彰状が手渡されました。


musaigai_nanokamati.jpg建設新聞2015年2月12日掲載の写真【村田社長談】
今回の表彰は社内でも大きな励みになると思います。ほかの現場でも無事故無災害を継続させたい。
【今野課長談】
現場では特に整理整頓を徹底させた。そうすることで作業能率が改善し、事故も未然に防げるものと考えている。下請け業者の協力もあって達成できたものと思う。


※古川七日町住宅は大崎市の買取り型災害公営住宅整備事業の一つで、RC造5階建て、30戸、延2376.56平方メートル
※工期:2013年9月~2014年12月5日  ※延労働者数10,121人                     LinkIcon最新施工実績へ

これまでの表彰歴

敷地内に安全の塔に誓い、常に安全意識を持った行動をすることで、これまでにも多くの表彰を受けています。

厚生労働省労働基準局長表彰歴

2011年6月11日 無災害記録証(第四種):記録時間290万時間
1995年8月31日 無災害記録証(第三種):記録時間200万時間
1993年3月31日 無災害記録証(第二種):記録時間130万時間

中央災害防止協会会長表彰歴

1996年11月7日 無災害記録賞(銅賞)第三種:記録日数:2400日
1993年11月4日 無災害記録賞(進歩賞)第二種:記録日数:1600日
1990年12月5日 無災害記録賞(努力賞)第一種:記録日数:800日

【弊社敷地内の安全の塔】
anzen.jpg

安全祈願

年始の安全祈願

新しい年を迎えるにあたり工事の安全と会社の発展を祈願します。あわせて、社員の健康と厄払い祈願も行われます。

LinkIcon行事アラカルト【安全祈願】のページへ

村田稲荷大明神例祭

会社敷地内に鎮座する村田稲荷大明神。それは宮大工だったルーツ村田翁の手によって造営されたものです。
工事の安全をいつも静かに見守ってくださいます。______LinkIcon我が社のルーツを見る

LinkIcon行事アラカルト【村田稲荷大明神例祭】のページへ