人・街・くらし 明日のコーディネーター/株式会社 村田工務所
      (土木・建築・一級建築士事務所)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


経営情報

中期計画

 我が国は、グローバルな交流・成長戦略が大きく実を結び、国内経済もアベノミクス効果また経済財政改革等の進展に向けて成長も見込まれ、今後も国政政策への期待と諸外国からの信頼、そして長期的に安全で安定した国づくりを望まれております。
 我々建設産業も、社会資本の基盤整備や維持管理、そして災害時の緊急対応など地域の安全・安心の守り手として役割と責任を果たしつつ、時代の潮流に合わせた働き方改革、生産性を高める取組みを進め、魅力ある産業として変革していくことが求められております。同時に、次世代の担い手となる人材の確保・育成にも努め、将来が展望できる持続可能な企業づくりに邁進してまいります。そのためにも、地域における社会資本の整備・国土強靭化などの公共事業の執行は極めて重要であります。また、今後の短期・中期経営計画につきましても、経営方針を基本に、社会的な変化に柔軟に対応すべく、経営基盤の強化と資源の確保・育成等も図りながら、次期構想計画を着実に進めてまいります。

第57期事業報告

第57期:平成29年7月1日~平成30年6月30日

 日本が、世界の国々から信頼され大きな存在感を示すためには、北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題の解決、また日米同盟が揺るがない国づくりと自国の高度な防衛力を高め、周辺諸国との経済秩序を構築し平和な国づくりを積極的に進めてほしいと思っております。
 また、国内での主な建設事業としては、2020年東京オリンピック・パラリンピック関連の施設や首都圏大規模再開発等の需要があり、高度な技術力を生かした世界に誇れる施設の完成に向けて、努力が続けられております。
 近年は異常気象による大きな災害も懸念され早期な国土強靭化事業の推進と、地域振興策としての公共事業を安定的かつ持続的に執行が望まれる中、当社も生産性向上を進め、ICT等の活用など建設システム全体の変革が最重要と考えております。
 経営の安定と次世代の担い手確保・育成の観点からも建設産業は魅力を高め、週休2日の確保などの「働き方改革」を全体的な環境整備を推進し、持続可能で信頼される会社づくりを邁進していきたいと思います。
 このような状況の中、弊社の第57期営業概況は、売上となる完成工事高が前期より大幅に減少し、前年比52%減の10億5千万円を計上しました。このことは、主たる建築工事を次期に繰り越したことが大きな要素ですが、企業活動の営業利益及び営業外損益の再生可能エネルギー太陽光発電所「MC田尻発電所」の売電収入と特別損益などにより、今期も良好な決算を報告することができました。
 今後も地域に根ざし信頼される企業として、来期も真摯に取り組んでまいりますので皆様のご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年 9 月27日

株式会社 村田工務所  代表取締役 村田秀彦

新組織図

平成31年4月1日から組織名称を変更し新たな組織体系で事業を展開しております。

主な変更点

  • 【役員】
    • 取締役開発室長の配置(設計監理者)
  • 【組織の名称変更】
    • (旧)営業部 → 企画営業部
    • (旧)土木工事部 → 環境建設事業部
    • (旧)工務課 → サポート事業部
    • (旧)建築工事部 → 建築開発事業部
    • (旧)総務部 → 総務管理部

組織図概要

sosikizu.png

MC田尻 太陽光発電事業

2014-mctajiri02.jpg発電所の概要や発電量などを表やグラフで見ることができます。資料は定期的に更新しています。.

MC田尻太陽光発電事業のページへLinkIcon

資材管理センター

sizai_kansei-1.jpg災害時及び緊急時にも対応できる第二拠点として新たに建設を進めてまいりました資材管理センターが2015年9月に完成しました。今後は機能性を高めながら施設の充実を図り、本格的に活用していきます。

資材管理センターのページへLinkIcon